皮革破れ修理お問合せ(仮見積り)


必要項目をチェック、書き込みをお願いします 、内容を拝見し、仮見積もりを差し上げますのでご検討ください。
※可能ならば返信されたメールに画像を添付しお送りください

巻き皮、玉縁の破れ

Placeholder image 巻き皮革の擦れ、損傷の激しい物、劣化進んでいる際は巻き皮革総交換をお勧めいたします。

Placeholder image 修理バッグの全体画像もお送りください。修理の際、全体の縫製仕様が判断できる資料があると、修理工程の参考となります。

上部巻き皮

Placeholder image 生成りヌメの劣化症状です。ベルト端の切れ、持ち手取付け用皮革の交換は片方が切れていると反対側も劣化していることが多いので両側交換をお勧めします。、

Placeholder image 長年使用しているとバッグ上端の巻き皮革が破れてくることがあります。他の部位の皮革の日焼け具合を考慮して取り換え可能です。

破れ

Placeholder image 持ち手の上に巻いてある補強皮革の破れ、長く使用していると撚れ、擦れ等が目立つようになります。

Placeholder image 皮革ではなく布素材の破れです。あて布、あて皮革での修理となります。


損傷状態情報




バッグ破れ修理箇所


: (cm)

修理品情報





※各修理事例の左上の番号


※画像はお問合せ送信後、システムから届く自動受付メールに添付してお送りください。

お客様情報

入力ミスの無いように確認ください

修理事例で似た修理を探して下さい。お問合せフォームから損傷情報をお送り下さい。

衣類、靴、樹脂、金属製のケース類、車輪等は修理不可となります。

※損傷部、周囲の縫製仕様等で修理工程、修理価格は各々に変わります。

〒448-0011 愛知県刈谷市築地町
3-7-10 グテマンション205

友だち追加
スマホで簡単問合せ!

Footer

Copyright © 2016 · TAKIKAWA · Website